お菓子がやめられない原因は?今すぐするべき食事改善2つ!

●一度チョコレートを食べ始めると止まらない

●気づいたらお菓子の袋の中身が空になっている

こんな経験ありませんか?

太っていた頃の私にとっては日常茶飯事でした。

・大好きなキットカットの14個入りの大袋を買っては数時間で無くなっている

・7、8個並んで入っているハイチュウも無くなるのはほんの数時間

など、こんなことが毎日でしたし、もちろん周りよりお菓子を食べている自覚はありましたが、特にそれをヤバいとも思っていませんでした。

ですが、そんな生活を続けるうち、元々60kg代半ばだった体重も、わずか2年ほどで86kgに、20kg以上の増量・・・

今、「お菓子が止まらない!」というあなたも、早いうちに対策をしなければ太っていく一方です!

とはいえ「太るからお菓子は辞めよう!」で辞められれば苦労はしませんよね・・・

「食べたい!」という欲求は非常に強いもので、意思の強さだけで勝てる相手ではありません。

ボスキャラ相手に2番道路でゲットしたポッポだけで挑むようなものです。

いきなり「間食を辞めなければ!」と大きな相手に挑むのではなく、

・間食意外の3食の食事から見直す

・間食自体を少しずつ変えていく

ことから始めることが、甘いものの誘惑から抜け出すための近道です!

甘いものが辞めらない原因は糖質依存!

お菓子がやめられない、止まらない!というのは糖質依存の症状です。

「依存」と言うと重い言葉に聞こえますが、非常に我々の身近にある依存症が糖質依存です。

糖質には、麻薬以上の中毒性、依存性があると言われています。

●甘いものを食べずにはいられない!

●甘いものを食べないと落ち着かない

これらは立派な糖質依存の兆候です!

以前の私も、完全に糖質依存の1人でした。

糖質依存から抜け出すためにするべきこと2つ!

残念なことに、人間の舌は糖質を美味しく感じるようにできており、さらに糖質には強い依存性があるため、意思の強さだけでお菓子の食べないようにするのは至難の技です。

大事になるのは、“糖質とどう向き合っていくか”です。

私がお菓子断ちをした方法は以下の2つです。

①炭水化物中心だった食事を、肉(魚)+野菜の組み合わせに変える

②デザートをシュークリームやSUNAOのアイスやクッキーなど、比較的低糖質なものにする

①炭水化物中心だった食事を、肉(魚)+野菜の組み合わせに変える

まず1つ目にやったのが、間食以外の部分の改善です。

元々炭水化物大好きだった私は、普段の食事でラーメン&ライスや、大盛りご飯など、炭水化物メインの食事ばかりしていました。

「炭水化物中心の食事だと太りやすい!」

ダイエット経験者であれば1度は聞いたことがあると思います。

確かに炭水化物中心の食事はそれ自体で太りやすいのですが、実はそれだけではありません。

曲者なのが、炭水化物を食べることによって上がった血糖値を下げるために、多量に分泌される「インスリン」という肥満ホルモンです。

炭水化物をたくさん食べてインスリンの働きで血糖値が下がると、脳は下がった血糖値を上げようと甘いものを欲するようになります。

・食後のデザートが欲しくなる

・甘いものが止まらなくなる

というのは、このインスリンの働きなのです。

3食の食事を肉や魚などのたんぱく質と野菜中心にすることで、肥満ホルモンインスリンの分泌量が抑えられるため、炭水化物中心の食生活に比べて食後のデザートへの欲求が薄れます。

手っ取り早く簡単に、たんぱく質と野菜中心の食生活にするのにおススメなのが、

あなたが好きなメニューだけを、電子レンジで手頃に美味しく食べられる糖質制限食のnosh(ナッシュ)

です。

私は、noshの糖質制限食で、元々86kgあった体重が60kgに、26kgのダイエットに成功しました。

noshが無ければ私のダイエットは絶対に失敗してたといっても過言ではないほどダイエット中には重宝しました。

noshでならダイエットが続けられる10個の理由!

50種類以上の豊富なメニュー数なので飽きが来ない

全てのメニューをあなた自身で選べる

多いものでも糖質20g台なので何を食べても糖質制限になっている

④管理栄養士考案の糖質制限メニューを、一流シェフが調理しており味も美味しい!

レンジで温めるだけの簡単調理で自炊も不要

不要な週は、配送停止が出来るため、冷蔵庫に溜まる心配もない

⑦冷凍庫で半年程度保存可能

⑧食後はトレーを捨てるだけなので洗い物も不要

宅配で受け取るだけなので買い物も不要

1食あたり568円(税抜き)+送料~で外食よりもお手頃価格

なので、「美味しく」「簡単に」糖質制限を無理なく続けられます!

・どうしても痩せないといけない!

・痩せて自分の人生を変えたい!

という方は、是非試してみてください。

[colored_bg color=”red” corner=”r”]↓↓ご注文・公式HPはこちらから↓↓[/colored_bg]

 

関連記事:糖質制限はnosh(ナッシュ)

②デザートをシュークリームやSUNAOのアイスやクッキーなど、比較的低糖質なものにする

間食断ちをするためにもう一つ実践したのが、間食そのものを変えることです。

デザートに甘いチョコレートやハイチュウなどを食べてしまうと、血糖値が急上昇し、肥満ホルモンのインスリンが多量に分泌されて、甘いものが止まらなくなってしまいます。

甘いものの無限ループを止めるためには、糖質の低いお菓子を食べなければいけません。

おススメなのはチータラやカルパスなどの「甘くないお菓子」を食べることですが、どうしても甘いものが食べたくなることもあると思います。

そんな、「甘いものを食べないと気が治まらない!」というときにおススメなのが

・SUNAOのクッキーやアイス

・シュークリーム

です。

SUNAOシリーズにはクッキーやアイスの他にも、プリンやモナカなどがあり、そのどれもが低糖質というのが特徴です。

私が糖質制限中に1番お世話になったお菓子ですので是非おススメです。

そしてもう一つ、甘くて以外に低糖質なお菓子がシュークリームです。

低糖質なものは糖質10g程度のものもあるので私はいつもそれを選んで食べていました。

私個人としては、糖質=悪として全てカットする必要は無いと思っています。

私は糖質制限ダイエットで25kgのダイエットをしましたが、糖質を全て断つのではなく「食事における糖質の優先順位を下げる」という意識で十分に結果は出ます。

むしろ糖質を全てカットしようとすると、あなた自身にとってストレスになってしまい、結果的に挫折してしまう可能性も高くなってしまいます。

日本人は1日平均300gの糖質を摂っており、これが過剰摂取と言われています。

糖質制限の理想は糖質1日100gですが、これが150gでも200gにでも減れば、それは立派な糖質制限です。

あまり難しく考えず、「今まで炭水化物ばかり食べていたのを、肉や魚、野菜など、たんぱく質や食物繊維中心にしよう!」ぐらいの意識で十分です。

糖質を完全に断とうとするのは大変です。糖質と上手く付き合って、ダイエットを成功させましょう!

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする