ダイエット中のお昼ご飯におススメのメニューと選び方!コンビニや外食も大丈夫!

ダイエット中のお昼ご飯、何を食べたらよいか悩みますよね?

お昼は、コンビニや外食で済ませてしまうことも多いけど、それだと痩せられそうにない。でも、自分で弁当を作るのは面倒・・・。と色々と悩んでしまいますよね。

ですが、お昼ご飯は食べた後も活動をするため、比較的自由に食べても大丈夫です!

私自身、糖質制限ダイエットで26kgのダイエットに成功しましたが、お昼ご飯はさほど意識してはいませんでした。

それでも、「少しでも早く結果を出したい」、「お昼ご飯やっぱり気になる」という方に、ダイエット中におススメのお昼ご飯の選び方を紹介したいと思います。

お昼ご飯を抜くのは良くない!

痩せたいからといってお昼ご飯を抜きにするのは個人的にはおススメできません。

 

●お昼ご飯を抜くメリット

・慣れると頭がスッキリする

・体重の減少は多少早くなる

 

 

●お昼ご飯を抜くデメリット

・午後の活動に影響する可能性

・お昼を抜くよりも、間食、夕食を調整したほうが効果は高い

・お昼ご飯を抜いて、夜にドカ食いが最悪パターン

 

昼ごはんは、午後も活動をするという場合がほとんどなため、エネルギーとして消費されやすく、間食や夕食に比べて、比較的好きに食べても太りにくいとされています。

間食や夕食での暴飲暴食にも繋がりかねないですし、元々お昼ご飯を食べる習慣が無い人を除いて、ダイエットのためにお昼ご飯を抜くというのはやめたほうがよいです。

むしろ、ダイエット中であれば、間食、夕食、夜食などで『食べたいけど、どうしても我慢しないといけない』という場面も出てきます。

であれば、むしろ『食べたいものはお昼ご飯で食べてしまえば良い!』ぐらいの感覚でダイエットに取り組むのが良いと思います。

お昼もやっぱり基本は「高タンパク低糖質」が基本!

とはいえ、「お昼なら何でも食べても大丈夫!」と毎日ラーメン大盛チャーハンセット!なんてしているとダイエットも成功しません。

お昼ご飯の理想もやはり「高タンパク低糖質」です。

これはお昼ご飯に限った話ではありませんが、手っ取り早く痩せるためには、脂肪の一番の原因である、お米やパン、麺類などの糖質(炭水化物)の摂取量を控えめにし、その分太りにくくて満足感のある、肉や魚などのタンパク質を中心に食べることが基本です。

糖質を食べることで多量に分泌されるインスリンには、「脂肪の分解を抑制する」「脂肪を細胞に溜め込む」という、まさに太るための働きをするため、『肥満ホルモン』とまで呼ばれています。

一方、肉や魚などのタンパク質は、糖質と同じでカロリーがあって満足感もあるうえ、糖質に比べてインスリンの分泌量が少なく、満足感が高いうえに太りにくいというダイエットの強い味方なんです。

ダイエット中は、高タンパク低糖質、具体的には「肉(魚)+野菜」の中心のメニューを意識しましょう。

とはいえ、職場の付き合いで、お昼はラーメン屋、うどん屋などの、炭水化物中心のお店に行かなけれないけないということもあるでしょう。

その時は、しっかりと美味しいラーメンを楽しんでください。

何度も言いますが、お昼ご飯はその後も活動をするため、エネルギーとして消費されやすいです。これは、肉体労働に限った話ではなく、デスクワークでも同じことが言えます。良いの

「お昼まで、きっちりダイエット!」というのは、その分ダイエット効率も上がる一方、ダイエットに挫折する可能性もその分高くなってしまうというデメリットもありますます。

お昼がある程度好きなものを食べるほうがダイエットも長続きしやすいでしょう!

とはいえ、調子に乗って「大盛り!」「おかわり!」とするのはいけませんよ!お昼ご飯に糖質を多くとると、血糖値が上下する関係で甘いおやつなどの間食が食べたくなってしまいます。

コンビニ・外食のおススメランチメニュー

高タンパク低糖質のお昼ご飯を用意するにはやっぱり自炊が良いのか?と思われるかもしれませんが、ダイエットのためとはいえ、毎日お弁当を作るのは正直面倒ですよね?

私自身も、自炊習慣なんて一切なく、ダイエット中のお昼ご飯はコンビニ、外食がメインでした。

コンビニや外食では、どうしても原価の安い炭水化物(糖質)のメニューが多いのは事実ですが、その中でもダイエット向きのお昼ご飯もあります。

外食のおススメメニュー

ダイエット中の外食でおススメなのはやはり定食です。

定食であれば、ごはんとおかずが分かれているため、ご飯を食べる量を自分で調整できるのが良いですね。

丼など、ご飯の上におかずが乗っているものであれは、ついついご飯も食べてしまいがちですが、定食であれば比較的調整はしやすいと思います。

職場に社員食堂がある場合は、食堂の定食ご飯半分などは非常におススメです。

外食で炭水化物を食べる際に頭の片隅に入れておいて欲しいのが、

「麺類であれば、ラーメン、うどんよりも蕎麦!」

「白米よりは、雑穀米、もち麦を選ぶ!」

ということです。毎食これを守るのは難しいでしょうが、知っておくだけでもダイエットを有利に進めることができます。

コンビニのおススメメニュー

コンビニ弁当も基本は炭水化物メインの弁当が多いです。

ご飯の上に、おかずが乗っていているお弁当も多いですが、ついついご飯も一緒に食べてしまいますよね。

私は、コンビニでランチを買う際には、おかずだけのメニュー+サラダを基本にして、お腹がすいている時には追加でおにぎりを一個付けるようにしていました。

おかずのみメニュー+サラダ(+おにぎり一個)みたいな感じですね。

私はコンビニ弁当は冬の方が好きで、鍋物やおでんをよく食べていました。

低糖質でおいしくておススメですよ!

(まとめ)ダイエット中のお昼ご飯のポイント!

 

●お昼ご飯は抜かない方が良い

●もし、好きなものを食べるならお昼ご飯に食べてしまおう!

●外食ならやっぱりおススメは定食

●コンビニでも基本は低糖質なメニューを意識

とはいえ、ダイエットで一番大事になるのは「間食」そして「夕食」です。

どうしてもラーメンが食べたいんだ!という方は思い切ってお昼に食べてしまいましょう!

その方がダイエットにメリハリも付きますし、無理なく続けられるため、挫折もしにくくなります。

手軽に高タンパク低糖質なメニューを用意したいなら以下の記事も参考になると思います。

低糖質の冷凍宅配nosh(ナッシュ)の口コミとレビュー!実際に食べて、なぜnoshが良いか分かった!!

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする