「炭水化物がやめられない!」糖質大好きな私が26kg痩せられたダイエットのコツ!

お米やパン、麺類や甘いデザートなどの炭水化物(糖質)。

「食べすぎると太る!」と分かっていながらも中々やめられないですよね?

「甘いものがとまらない」「お腹が空いているわけではないけど食べてしまう」というあなたは『糖質依存症』かもしれません。

『依存症』と言われると、縁の無い言葉に聞こえるかもしれませんが、非常に私たちの身近にある依存症です。

炭水化物がやめられない原因は「意志の弱さ」「自分への甘さ」ではなく、あくまでも毎日の食習慣によるものです。

私自身、太っていた時に周りから「痩せれないには意思が弱いからだ!」とか「デブは甘えだ!」なんて言われていました。

ですが、太りやすい体質の私からすれば、好き勝手食べて痩せている人から「太るのは意思が弱いから」とか「自分に甘いから」と言われるとイラッとします。

とはいえ、自分が太っているという現実は変わりませんし、痩せるためには糖質制限での食事改善をしなければいけません。

なぜ、痩せるためには糖質制限が必要なのか?

なぜ、痩せるためには糖質制限が必要なのか?

それは脂肪の1番の原因が糖質だからです。

糖質を食べると「肥満ホルモン」と呼ばれるインスリンが多量に分泌され、そのインスリンの作用で我々の身体は太っていきます。

●インスリンのはたらき

・血糖値を下げる(血糖値を上げるため、甘いものを欲するようになる)

・脂肪を細胞に蓄える

・脂肪の分解を抑制する

人は、糖質の過剰摂取によってインスリンのはたらきで太ります。

肥満の原因はカロリー?糖質?

カロリーを持つ栄養素には「たんぱく質、脂質、炭水化物(糖質)」の3つがあります。(三大栄養素と呼ばれています)

カロリーを持つ三大栄養素のうち、脂肪の1番の原因は炭水化物。それも炭水化物の中の「糖質」です。

(※糖質=炭水化物-食物繊維)

上でも述べたとおり、脂肪の原因は「肥満ホルモン」のインスリンです。

そして、カロリーを持つ三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)の中で、インスリンの分泌量が、圧倒的に多いのが炭水化物(糖質)なんです。

たんぱく質や脂質も肥満ホルモンのインスリンを分泌しますが、その量は炭水化物に比べると少量で、相対的に太りにくくなります。

効率的に痩せたいのであれば、カロリー全体を制限するのではなく糖質制限でピンポイントに絞ってダイエットすることをおススメしています。

また、カロリーは大事なエネルギー源のため、カロリー全てを控えることは非常にストレスになってしまい、ダイエット挫折の原因になってしまいます。

効率的に痩せるためにも、せっかく始めたダイエットに挫折しないためにも、カロリー制限よりも糖質制限のほうがおススメです!

 

極端な話、糖質制限さえきちんとできていれば、運動無しでも普段の生活が少々だらしなくてもでも痩せることができます。

逆に言えば、運動をしても食事量を減らしても、糖質の摂取量が多いと痩せることはできません!

糖質制限を成功させるためのポイント5つ!

そうは言っても、米やパン、麺類、甘いデザートなど、糖質大好きな人の中には糖質制限を始めるのに抵抗がある人も多いと思います。

かくいう私もその一人でした。

ですが、本気で痩せたいのであれば、圧倒的に糖質制限ダイエットが効果的です。

そこで、糖質大好きな私でも痩せることができた、糖質制限を成功させるためのポイントを紹介します。

 

●糖質制限を成功させるためのポイント!

①まずはジュースを辞めることから始めてみよう!

②炭水化物オンリーの食事はしない

③肉や魚を沢たくさん食べよう!

④甘いお菓子が食べたい時はSUNAOのお菓子に!

⑤1日1食は糖質制限をしよう!

①まずはジュースを辞めることから始めてみよう!

特に、緩くダイエットがしたい方や「ダイエットが全然続かない!」という人におススメしたいのが、ジュース断ちです。

コーラ1本(500ml)に含まれる糖質はお茶碗1杯、うどん1杯よりも多くの糖質が含まれています。

コーラ1本を飲むということは、お茶碗一杯のご飯やうどん一玉よりも太りやすい

ということです。

「ジュースをお茶や水、ブラックコーヒーに変えるだけであっさり痩せた」という人も少なくありません。

参照:ダイエットが続かない人は、まず「飲み物」から変えてみるべき理由!

②炭水化物オンリーの食事はしない

「ラーメン&ライス」、「パスタのみ」などの炭水化物オンリーの食生活は非常に太りやすいです。

糖質制限だからといって、糖質を全てカットする必要はありませんが、絶対に1食のうちにたんぱく質や野菜を入れるようにしましょう。

例えば、ラーメン屋に行くのであれば、チャーシューや煮卵をトッピングする。パスタ屋に行ったら合わせてサラダを注文する。

などを意識してみてください。

栄養バランスが炭水化物に偏ってしまうと、食欲の増大に繋がりますので、炭水化物オンリーにならないように注意しましょう!

参照:止まらない食欲を抑える方法は、栄養バランスの取れた、「脳を満たす食事」をすること!

③肉や魚をたくさん食べよう!

肉や魚などのたんぱく質はカロリー豊富なうえ、太りにくいという非常にダイエット向きの食材です。

それに、「お米や麺類が大好き!」という方の中にも、それと同じくらい肉が好き!という方も結構多いのではないかと思います。

であれば、同じくらい美味しいうえに、ダイエット向きである肉を食べてください!

私も焼肉が大好きで、糖質制限中は月に2、3回は焼肉食べ放題に行っていました。

肉は食べても脂肪になりにくいため、月に2、3回焼肉食べ放題に行っても十分に痩せることができました!

④甘いお菓子が食べたい時はSUNAOのお菓子に!

痩せたいなら是非行ないたいのが、間食の改善です。

特に、間食で菓子パンなどを食べている場合は、そこを改善するだけでもダイエット効果が見込めます。

というのも、菓子パンも上で挙げたジュースと同様に、1食分と同程度に糖質が含めれている場合が多く、「菓子パンの1つは、1食以上に太りやすい」という状況になりかねないからです。

私が糖質制限でおススメしたい間食としては、チータラやカルパス、SUNAOなどがあります。

あなたはSUNAOをご存知ですか?

甘いにも関わらず、糖質わずか10g以下のSUNAOのクッキーは糖質制限の強い味方です。

SUNAOのお菓子にはクッキーの他、アイスやプリンなどもあって、どれも低糖質なので、是非1度試して見てください!

⑤1日1食は糖質制限をしよう!

可能であれば、毎食の糖質を30g程度に抑えて1日の糖質摂取量を100g程度にすることが望ましいです。

とはいえ、付き合いで高糖質のメニューを食べないといけないことや、どうしてもラーメンを食べたくなってしまうこともあるでしょう。

どうしても糖質が食べたい。食べないといけない。という方でも少なくとも1日1回はしっかりと糖質制限をするようにしましょう

とはいえ、自炊習慣ない人がいきなりダイエットのために自炊を始めるのはハードルが高いですし、コンビニや外食は炭水化物に溢れています。

そもそも糖質制限と言っても何をたべたら良いか分からないという人もいるでしょう。

私も、ダイエットを始めたばかりの頃、自炊習慣が無かったため「痩せるための食事が用意出来ない!」という状況に直面しました。

「手軽に食べられる健康的な食事が無い」そんな状況の中で私が出会ったのが、

好きなメニューだけを、電子レンジで手頃に美味しく食べられる糖質制限食のnosh(ナッシュ)

でした。

 

私は、noshの糖質制限食で、元々86kgあった体重が60kgに、26kgのダイエットに成功しました。

noshが無ければ私のダイエットは絶対に失敗してたといっても過言ではないほどダイエット中には重宝しました。

noshでならダイエットが続けられる10個の理由!

50種類以上の豊富なメニュー数なので飽きが来ない

全てのメニューをあなた自身で選べる

多いものでも糖質20g台なので何を食べても糖質制限になっている

④管理栄養士考案の糖質制限メニューを、一流シェフが調理しており味も美味しい!

レンジで温めるだけの簡単調理で自炊も不要

不要な週は、配送停止が出来るため、冷蔵庫に溜まる心配もない

⑦冷凍庫で半年程度保存可能

⑧食後はトレーを捨てるだけなので洗い物も不要

宅配で受け取るだけなので買い物も不要

1食あたり568円(税抜き)+送料~で外食よりもお手頃価格

なので、「美味しく」「簡単に」糖質制限を無理なく続けられます!

美味しく手軽に糖質制限をしたい方は、是非1度お試しを!

[colored_bg color=”red” corner=”r”]↓↓ご注文・公式HPはこちらから↓↓[/colored_bg]

 

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする