糖質制限のメリット・デメリット!リバウンドしやすい、身体に良くないって本当?

ダイエットと言えば真っ先に名前の出てくる糖質制限ですが、多くのメリットがある一方で、その一方で、デメリットが語られることも少なくありません。

さらには「リバウンドしやすい」「身体に悪影響」などの噂も耳にすることがあります。

今回は、糖質制限のメリット・デメリットと合わせて、リバウンドしやすいのか?、健康に悪影響なのか?について紹介したいと思います。

糖質制限ダイエットのメリット

①圧倒的なダイエット効果!

私たちが太ってしまう一番の原因は糖質です。

糖質制限は、脂肪の一番の原因の糖質をピンポイントで攻めるため、食事改善の中でも非常に高い効果が期待できます。

また、ダイエットは食事が9割と言われるほど食事のウエイトが大きく、運動よりも高いダイエット効果が期待できます!

●参考

ランニング30分の消費カロリー … 約200kcal

筋トレで筋肉を1kg増やした時の、1日の基礎代謝の増 … 13kcal

ドーナツ一個のカロリー … 約200kcal

毎日30分のランニングってかなりしんどいですよね。

でも、仕事帰りの貴重な自由時間を30分ランニングに費やしても消費カロリーはドーナツ一個分しかないんです。

筋トレに至ってはもっと悲惨で、筋肉量を1kg増やしても、1日あたりの基礎代謝の増はわずか13kcalで、ご飯一口分未満…

(筋肉を1kg増やすには一年近くかかると言われています)

それなら、間食のドーナツを1つ我慢する方が、よっぽど楽だと思いませんか?

効率的にダイエットを進めたいのであれば、脂肪の原因をダイレクトに攻める糖質制限が良いのは間違いありません!

②肉を沢山食べることで、少ない我慢で無理なく続けられる!

糖質制限以外のダイエットの王道と言えば、

・カロリー制限

・食事量を減らすダイエット

この2つが有名かと思いますが、どちらも「カロリー」「食事量」の我慢を前提としたダイエットです。

当然、糖質制限も炭水化物を我慢する必要はあるのですが、糖質制限の嬉しい点は、

「炭水化物を減らす代わりに肉を増やそう!」

というダイエットなので、カロリーを減らす必要もなければ、食事量を減らす必要もありません!

カロリー制限も食事量制限もなく、無理なくダイエットが続けやすい理由です。

③主食を減らしておかずを増やすだけなので、手軽に始められる

米やパン、麺類。ジュースや甘いデザート。

糖質制限では控えるべきものがハッキリしているため、予備知識なしに手軽に始められるのも嬉しい点です。

糖質制限ダイエットを一言で言ってしまえば「主食を減らして、おかずを増やす」

たったこれだけです!

糖質制限ダイエットのデメリット

そんなダイエットの強い味方の糖質制限ダイエットですが、当然デメリットもあります。

①レパートリーが限られがち

糖質制限中のメインの食材は「肉(魚)・卵・野菜」です。

自炊習慣がある人なら別ですが、特にコンビニや外食が中心に人にとってはメニューが限られることが多いです。

というのも、コンビニや外食のメニューは値段の安い炭水化物のメニューで溢れています。

そのため、コンビニや外食で糖質制限をする場合、必然的にメニューが限られてしまうんですね。

私もも自炊習慣が全く無かったため、ダイエット初期は

・コンビニでは冷凍の生姜焼きや、サラダチキンや鯖缶

・外食ではステーキガストや、定食屋(おかずのみ)

など基本的に似たようなメニューを繰り返し食べていました。

②炭水化物中心の食生活に比べて、食費が高くなりがち

糖質制限中のメインは肉や魚、野菜などのおかずが中心になります。

これらの食材はお米やパン、麺類などの炭水化物に比べて値段が高いため、必然的に糖質制限をすると食費も高くなりがちです。

私は糖質制限で1食当たりの食費は高くなりましたが、栄養バランスを気にした結果、元々1日4食食べないと満足しなかったのが、1日3食で満足するようになったため、1日の食費自体はむしろ減りました。

(栄養バランスが乱れると食欲が止まらなくなるのは本当なんだなと実感しました。)

とはいえ、食事量を変えずに食べるメニューをおかず中心に変えると、食費が上がるのは間違いないと思います。

ダイエットに糖質制限は必須と言っても過言ではない!

冒頭でも書いたように、私たちが太る一番の原因は糖質です。

私たちの身体は糖質が不足したときに、脂肪をエネルギーとして積極的に消費するようにできています。

逆に言えば、十分な糖質を摂っている状況ではほとんど脂肪は分解されません!

それほど、ダイエットと糖質は切っても切れない関係なのです。

極端に言ってしまえば、糖質制限さえできていれば運動不足でも、少々食べ過ぎても痩せていきますが、頑張って運動をしても食事量そのものを減らしても糖質の過剰摂取が改善されない限り、痩せることはできません!

でも、糖質は決して悪ではない!

とはいえ、糖質自体は貴重なエネルギー減であり「糖質=悪」ではありません。

ただ、現代人は糖質の過剰摂取となっており、食事バランスが糖質(炭水化物)中心に偏ってしまっています。

糖質制限の趣旨は「糖質を減らして、タンパク質を増やせばバランスの良い食事メニューになりますよ」というだけの話であって、

決して、『糖質は一切排除すべき』『糖質は敵』という話ではありません。

糖質制限にありがちな疑問2つ!

①糖質制限はリバウンドしやすいの?

糖質制限を否定する意見としてよく耳にするのが「糖質制限はやめた瞬間リバウンドする」という噂です。

私自身、この問いかけに対しては「辞めたらリバウンドするのは当たり前で、糖質制限に限った話ではない」と思っています。

そもそもダイエットの目的は「乱れた食習慣の改善」です。

糖質制限によって、バランスの取れた適正な食習慣になったのに、わざわざ太っていたときの食生活に戻したら体重も元に戻るのは当たり前の話ですよね?

それは、糖質制限に限った話ではなく、カロリー制限をして痩せた人が、太っていた頃の摂取カロリーに戻せば、体重は増えていきますし、運動をして痩せた人が運動を辞めれば体重は増えていきます。

私は以前、ビリーズブートキャンプで8kg痩せたことがありますが、やめた途端に元の体重まで戻っていきました。

逆に糖質制限で痩せた今は、体重をキープできています。

リバウンドするかどうかの違いは、単にダイエットを「習慣にできるか否か」です。

私は運動は習慣にはできませんでしたが、おかず中心の食生活に変える糖質制限は習慣にすることができたため、特にダイエットを意識していない今でも、太ることなく体重が維持できています。

「リバウンドする!」と言っている人たちは、極端な糖質制限に取り組んで、ダイエットが習慣にならなかった人たちです。

痩せる習慣を手に入れるためには、無理のない、習慣化できるダイエットにすることが大事です!

②糖質制限は不健康で体に悪影響?

「糖質制限は体に良くない」という話を耳にすることもあります。

とはいえ、これを言う人のほとんどは「糖質制限ダイエット」「糖質禁止ダイエット」と勘違いしています。

お米やパンは大事なエネルギー源なので、禁止してしまうのは不健康です。

あくまでも、「過剰摂取になっている糖質を適切な量にしましょう」というのが糖質制限です。

・お米を丼で食べていたのを茶碗にする、お代わりをやめる

・間食を控える、チーズやジャーキーなどに変える

・ジュースをお茶に変える

・夜だけお米を控える

これだけでも十分な糖質制限です。

糖質を毛嫌いして、「米は絶対NG!」「野菜も糖質が多いからNG!」なんてする必要は一切ありません!

ただ、白米や食パンには糖質以外の栄養素がほとんど含まれていないので、

「糖質を食べ過ぎること」は「糖質を全く食べない」ことと同じくらい、あるいは、それ以上に不健康だと思ってください。

効率的に糖質制限を成功されるために意識すべきポイント

糖質制限で意識すべきポイントはたった2つ。

●米やパン、麺類などの主食、ジュースや甘いデザートを控える

●主食を減らした分、肉や魚などのおかずを多く食べる

たったこれだけなので、非常に簡単です!

とはいえ、本気で効率的に痩せようと思えば、結局、プロに『栄養管理された、美味しい糖質制限食を用意してもらう』糖質制限食の宅配サービスが一番簡単で確実な方法です!

糖質制限食の宅配サービスは探してみると沢山あります。

私はnosh(ナッシュ)という糖質制限の宅配サービスを利用しましたが、1食あたり600円台から始められますし、プロに任せることで

・しっかり痩せられる

・糖質ゼロ!みたいな極端なダイエットにならない

・メニューも豊富で飽きずに続けられる

と良いことずくめです!

nosh(ナッシュ)は糖質制限食の宅配サービスに珍しく、全てのメニューをあなた自身で決めることができますし、不要な週は宅配をスキップできるため、非常におススメですよ!

調理もレンジで温めるだけで、食べ終わったあとはトレーを捨てるだけで、面倒な準備、片付けが不要なのも嬉しいです。

「どうしても痩せたいんだ!」という方は、以下の公式HPに目を通してみてください!

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト

 

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする