糖質制限は食事量を減らさず、カロリー制限無しで痩せられる最高の食事改善!

ダイエットをする際に気をつけていることはありますか?

●食事量を減らす

●摂取カロリーを減らす

こんな方法でダイエットをしてはいませんか?

これらのダイエット方法は、あなたのダイエットを失敗に導いてしまうかもしれません!

本当に減らすべきは食事量でもカロリーでもなく糖質!

私も以前は上記のような「食事量を減らすダイエット」や「カロリー制限ダイエット」に挑戦しては失敗を繰り返していた時期がありました。

断言できるのは、「ストレスばかりのダイエットは絶対に続かない」ということです。

どこかで1度「今日はいいや!」とドカ食いをして、そのまま「やっぱり食事量を減らすのは我慢できない!」となって、いつも間にかダイエットからフェードアウト…

同じような経験がある方も決して少なくはないのではないでしょうか?

ダイエット失敗の1番の原因は「継続出来ない・続かない」ということです。

つまり、ダイエットを成功させるためには、継続できない要因を取り除くことが必要であり、食事を「制限」するのは、私たちにとってはストレスでしかなく失敗の原因にしかなりません。

私は食事量を減らさず、カロリー制限もしない糖質制限ダイエットで26kg痩せることができました。

糖質制限は、

 ・食事量を減らさない

 ・カロリー制限も不要

のダイエットに最適の食事改善方法なんです。

なぜ糖質制限は食事量減もカロリー制限も不要なのか?

「でも、糖質制限ってお米やパン、麺類などの炭水化物を控えるダイエットなんでしょ?炭水化物を減らせば、必然的に食事量もカロリーも減ってしまうんじゃない?」

そんな風に考えていませんか?

であれば、あなたはきっと糖質制限のことを誤解しています。

糖質制限は「糖質(炭水化物)を食べてはいけないダイエット」でも「糖質(炭水化物)を減らすだけのダイエット」でもありません!

正しい糖質制限は、

「過剰摂取になっている糖質(炭水化物)の摂取量を適正量まで減らして、糖質を減らした分だけ、たんぱく質をたくさん食べる」

というダイエットです!

もちろん、糖質を減らすだけでもダイエット効果は見込めますが、食事量自体も摂取カロリーも減ってしまっては、その分ストレスも溜まってしまいます。

ダイエットの挫折をなくすためには、ストレスは極力減らさなければいけません。

正しい糖質制限であれば、糖質を減らした分の食事量・カロリーを、肉や魚、卵などのたんぱく質を沢山食べることで補うため、結果として食事量を減らさず、カロリー制限も必要ありません。

でも、カロリー制限なしでも本当に痩せれるの?

とはいえ、「米を肉に代えたところで、摂取カロリーが変わらないなら、体重も減らないんじゃないの?」と思うかもしれません。

ですが、人間が太る理由は「カロリーの過剰摂取」ではなく「糖質の過剰摂取」です。

その違いについてですが、カロリーを持つ栄養素には「糖質・たんぱく質・脂質」の3つが挙げられます。

図で説明すると以下のようになります。

ものすごく噛み砕いて言うと、「カロリーの中の1つとして糖質が含まれている」というイメージです。

その中で、脂肪の原因となってしまうのが「糖質」です。

たんぱく質・脂質は糖質に比べて太りにくいため、制限する必要はありません。

それどころか、たんぱく質・脂質まで制限してしまうことは、ストレスになるうえ、ダイエット効果はさほど見込まれず、ダイエットにおいて非効率です。

あなたは、脂肪の原因が糖質にあるということを知っていますか?

糖質を食べると多量に分泌される“肥満ホルモン”のインスリンの効果で私たちは太っていきます。

インスリンには血糖値を下げる効果のほか、

・脂肪を身体に蓄える

・脂肪の分解を抑制する

という太らせる働きがあります。

たんぱく質や脂質は、この肥満ホルモンであるインスリンの分泌量が少ないため、脂肪になりにくいのです。

糖質はカロリーを多く含んでいるため、「太る原因はカロリー」と思われがちですが、

本当に太る原因は、“カロリーではなく糖質”です。

詳しくは、太るメカニズムと痩せるメカニズム。痩せられない原因は糖質にあった!の記事を参照ください。

現代人は1日約300gの糖質を摂取するといわれており、“糖質の過剰摂取”になっていると言われています。

○参考

糖質1g=4kcalのため、糖質300g=1200kcalです。

男女差は当然ありますが、1日の摂取カロリーをおよそ2000kcalとすると、カロリーのおよそ6割を糖質で摂取している計算になります。

さらに、この過剰摂取と言われている「糖質300g」というのは、あくまでも日本人へ「平均値」です。

今現在「体重がヤバイかも・・・」と思っている方の多くは、それ以上に糖質を摂取していることになります。

事実、太っていた頃の私の食事を見直してみると、日常的に400g以上の糖質を摂取していましたし、多い日だと500gを超えていたこともあります。

少なくとも1日に300g以上とっている糖質摂取量を適正量(100g程度が理想)まで減らして、その分肉や魚などのたんぱく質を摂ることが正しいダイエットなのです。

食事改善のキーワードは「たんぱく質」

食事改善のためには、「糖質の過剰摂取」を是正する必要があると述べましたが、痩せるために積極的に摂りたい栄養素が「たんぱく質」です。

たんぱく質は、肉や魚、卵、豆腐、豆、チーズなどに多く含まれます。

たんぱく質には糖質と同じく、エネルギーの元であるカロリーが含まれていますので、脳にも体にも「満足感」を与えてくれる食材です。

たんぱく質は、糖質と同じくカロリーを持つにも関わらず、“肥満ホルモン”であるインスリンの分泌が少ないのが特徴です。

「糖質の代わりにたんぱく質」というのがミソで、仮にこれを「糖質を減らして野菜を食べる!」にしてしまうと、エネルギー源であるカロリー摂取量が減ってしまうため、食事に対する満足度が減ってしまいます。

「米の代わりにキャベツ!」だと続けられるか不安になってしまいますが、「米の代わりに肉!」であればなんだかできそうな気がしてきませんか?

肉や魚、卵は好きなだけ食べてOKですし、私は月に2~3回は大好きな焼肉食べ放題に行きながらも、25kgのダイエットをすることができました。

「太る原因の糖質を減らす」だけだと、食事量を減らすダイエットやカロリー制限ダイエットとかわりませんが、糖質を減らす代わりに「肉や魚などのたんぱく質の摂取量を増やす」ことで、食事量やカロリーは減らさないため、食事へのストレスが溜まりにくく、ダイエットの成功率がグッと高まります。

そこに、ビタミンやミネラルを含む野菜を加えると、栄養バランスもバッチリです!

「糖質中心の食生活」を改め「たんぱく質+野菜の食生活」を意識するだけで太りやすさは全然違います。

また、糖質が太る原因とはいっても、糖質を完全に排除するのは無理ですし、無理に排除しようとするとストレスが溜まる一方です。

目安が糖質の摂取量を1日100g前後にすることですが、そこまで意識をする必要はなく、「食事における糖質の優先順位を下げ、たんぱく質の優先順位を上げる」ぐらいの意識で十分ダイエットは成功します。

まとめると、食事改善の主なポイントは3つ。

●食事量、摂取カロリーは減らさなくてOK!(脂肪の原因は糖質)

●たんぱく質(肉・魚・卵)+野菜の組み合わせ

●糖質の優先順位を下げる

これだけで十分ダイエットは成功します。

我慢の少ないダイエットで結果を出して、理想の身体を手に入れましょう!

私はnoshの糖質制限食で26kg痩せました!

ダイエットに是非おススメしたいのが、

あなたが好きなメニューだけを、電子レンジで手頃に美味しく食べられる糖質制限食のnosh(ナッシュ)

です。

私は、noshの糖質制限食で、元々86kgあった体重が60kgに、26kgのダイエットに成功しました。

noshが無ければ私のダイエットは絶対に失敗してたといっても過言ではないほどダイエット中には重宝しました。

noshでならダイエットが続けられる10個の理由!

50種類以上の豊富なメニュー数なので飽きが来ない

全てのメニューをあなた自身で選べる

多いものでも糖質20g台なので何を食べても糖質制限になっている

④管理栄養士考案の糖質制限メニューを、一流シェフが調理しており味も美味しい!

レンジで温めるだけの簡単調理で自炊も不要

不要な週は、配送停止が出来るため、冷蔵庫に溜まる心配もない

⑦冷凍庫で半年程度保存可能

⑧食後はトレーを捨てるだけなので洗い物も不要

宅配で受け取るだけなので買い物も不要

1食あたり568円(税抜き)+送料~で外食よりもお手頃価格

なので、「美味しく」「簡単に」糖質制限を無理なく続けられます!

・どうしても痩せないといけない!

・痩せて自分の人生を変えたい!

という方は、是非試してみてください。

[colored_bg color=”red” corner=”r”]↓↓ご注文・公式HPはこちらから↓↓[/colored_bg]

 

関連記事:糖質制限はnosh(ナッシュ)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする