運動よりもカロリー制限よりも糖質制限ダイエットが成功しやすい理由

「ジムに通っているけど全然体重が減らない!」

「カロリーしてるけど辛すぎ!もう辞めたい!」

これはダイエットに失敗続きだったときの私が、実際にダイエット中に思っていたことです。

ですが、今現在ダイエットをしている人の中でも同じように悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

このままダイエットを続けて良いのか悩んでいる方。具体的には、

・運動しても思うように痩せないし、このまま続けても効果出るのかな・・・?という疑問を持っている

・カロリー制限で常に我慢している。辛くて今すぐにでもダイエットを辞めてしまいたい

などと思っている方。

ダイエット方法を見直さないまま、今のやり方でダイエットを続けても、間違いなく失敗します。

というか、私自身がそれで散々失敗してきました。

結局思うような効果が出なかったり、途中で挫折してしまったり、一時的に痩せることは出来ても、ダイエットをやめた瞬間リバウンドをしてしまったり。

ダイエットを成功させるためには、

・しっかりと効果が出る

・過度な我慢が必要なく継続しやすい

の2点が重要です。

私は糖質制限を中心とした食習慣の改善で、無理なくダイエットを続けられ、3ヶ月で15キロ、半年で23キロの減量としっかり効果も出すことができ、今でもその体重をキープしています。

体重1㎏=7200kcal、脂肪になるのは糖質だけ!

そもそも、どうすれば体重は減るのでしょうか?

ダイエットをする上で押さえておきたいポイントは以下の通りです。

 

Point▼

①体重1㎏=7200kcal

②脂肪になるのは糖質だけ!

③糖質1g=4kcal

 

特に押さえておきたいのがこの3点です。

①体重1㎏=7200kcal

これは、体重が1㎏増えたり減ったりするには、7200kcalの摂取または消費が必要ということです。

つまり、ダイエットをする私たちは、「どうやって7200kcalを抑えるか」を考えないといけません。

ちなみに、1日の基礎代謝(何もしなくても消費されるカロリー)がおおよそ男性1500kcal、女性1100kcalと言われています。

そして、活動の程度にもよりますが、おおよその消費カロリーが男性2500kcal、女性2000kcal。

つい小腹が空いたときに食べたくなる菓子パンが平気で500kcalとか、高いものだと1000kcal超えのものも。

これを見ると体重を1㎏減らすというのは意外と大変ということがわかります。

②脂肪になるのは糖質だけ!

これはダイエットの肝です。

タンパク質や脂質は食べすぎた分は体外に排出されますが、糖質はエネルギーとして消費出来なかった分は、脂肪として蓄えられます!

つまり、太る原因は糖質なのです。

参照:マンガでわかる肉体改造 糖質制限編

このことからも、ダイエットには糖質制限が大切と分かります。

糖質は重要なエネルギーですが、過剰摂取は肥満の基です。

③糖質1g=4kcal

1㎏痩せるのに必要な7200kcalを糖質に換算すると1800gということになります。

糖質は体の主要なエネルギー源です。消化・吸収されて血液といっしょに全身をめぐり、体の中で1gあたり4kcalのエネルギーになります。

https://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_04.html

1日の平均糖質摂取量は300g弱とのことです。

ご飯一杯が50gなので、ご飯を36杯我慢、ラーメンなら25杯我慢して1㎏痩せるという計算です。

上で述べたとおり、脂肪になるのは糖質のみのため、過剰な主食の摂取を控えることで、健康的に無理なく痩せていきます。

運動・カロリー制限・糖質制限の痩せやすさ比較

①運動で痩せる場合

◯メリット

 ・健康増進、体力向上に役立つ

◯デメリット

 ・ダイエットとして考えると非効率

 ・ランニングで30分走っても消費カロリーは、240kcal。1㎏痩せるのには15km走らないといけない。

 ・筋トレで筋肉をつける場合も、筋肉を1〜2㎏増やすのに1年近く掛かると言われており、それで増える基礎代謝はわずか13kcal

②カロリー制限で痩せる

◯メリット

 ・継続できれば効果がでる

◯デメリット

 ・必要な栄養まで削りがち

 ・摂っても太らない、タンパク質や脂質まで減らすため、ストレスがかかりやすい

 ・我慢が大きいため、リバウンドしやすい

③糖質制限

◯メリット

 ・太る原因の糖質をコントロールするため、早く、確実に効果が出る

 ・肉や魚は気にせず食べられるのでストレスになりにくい

 糖質も摂取量をコントロールするだけで、食べれない訳ではない

◯デメリット

 ・タンパク質メインの食事になるため、炭水化物中心に比べて、食費が増えがち

 

運動や筋トレは、健康増進には効果的ですが、ダイエットという視点で見ると非効率と言わざるを得ません。

痩せるには食事を変える必要がありますが、食費制限も我慢を伴うため、痩せるための最小限の我慢で、早く結果を出すに越したことはありません。

糖質制限では、デブのもととなる糖質摂取量のみをコントロールするため、比較的ストレスがかかりにくいため継続しやすく、確実に効果も出ます。

糖質を全てカットする必要はありません。

食べ物ごとの糖質はネットですぐに出てきますし、おかわりを辞める、丼から茶碗に変える、ご飯は朝昼だけにする、などのちょっとしたことでも十分に効果は出るはずです。

毎日食べている300g以上の糖質を、100g以下にするように少しずつ頑張っていきましょう!

低糖質の冷凍宅配nosh(ナッシュ)の口コミとレビュー!実際に食べて、なぜnoshが良いか分かった!!

[colored_bg color=”red” corner=”r”]↓↓ご注文・公式HPはこちらから↓↓[/colored_bg]

 

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする