ダイエットには運動よりも食事と改めて実感した話

私は、趣味というか付き合いでロードバイクに乗るのですが、先日、広島の尾道〜愛媛の今治を結ぶ、しまなみ海道にサイクリングに行ってきました。

そこで、改めて「ダイエットには絶対に運動よりも食事!」ということを実感しましたので、そのことについてお話しさせて頂きます。

時間も体力も奪われる運動という行為

私が走ったしまなみ海道は片道約76km。それに加え、家からしまなみ海道までの距離が往復約30kmの計100km超を1日で走ってきました!

本格的なサイクリストであれば、しまなみ海道は往復で140km走るものだ!と思われるかもしれませんが、ひ弱な私にとっては100kmですら十分な距離です。

私は普段、普段の運動習慣皆無で、サイクリングはただのダイエット目的。

ダイエット目的とはいえ、この100kmという距離が私にとっては、めっちゃしんどいんです!

走り切った後は当然、達成感はあるのですが、問題は走っている途中。

性根怠けきっている私は、

・上り坂のたびに「もう帰りたい。なんで休みの日にに敢えて苦行に励んでいるのか?」

・車という文明の利器があるにも関わらず、なんで自転車に乗ってるの?

・これはドM用のスポーツだ!

そんなことばかり考えながら走っていました(笑)

(サイクリストの皆さますみません…)

なんとか走り切ったものの、帰りのバスに乗って、帰って風呂入って、布団に一直線。大事な日曜日が、本当に丸一日潰れてしまいました(笑)

そして、かけがえのない休日を1日費やして消費したカロリーはというと…

・・・約3000kcal。

私の1日の摂取カロリーが大体2500kcal程度なので、

お、中々良いじゃん!と思う人もいるかもしれません。

ですが、ダイエットは辛い思いはせず、楽してするもの!主義の私からすれば、「1日の運動で体重が3kgぐらい減ってくれないと割に合わない!」という気持ちです。

そして増大する食欲・食事量

そして、問題がもう一つ。増えるのは消費カロリーばかりではないです。

当然、消費カロリーが減れば、それに合わせて食事量も増えます。

太る原因は糖質なので、普段は糖質を抑え、たんぱく質中心でカロリーを取っている私ですが、激しい運動をするときには糖質を多く取らない訳にはいきません。

関連記事:太るメカニズムと痩せるメカニズム。痩せられない原因は糖質にあった!

自転車を100km乗るとなると、当然、自転車を漕ぐためのエネルギーが必要になります。

もちろん、たんぱく質や脂質もカロリーを持っているため、エネルギーになり得るのてますが、糖質に比べると、食べてからエネルギーになるまでのスピードが遅いんです。

なので、急激にエネルギーを消費する運動をする場合、速効性のあるエネルギー補給が必要となり、必然的に「太る原因」である糖質を多く食べるようになります。

自転車の場合、エネルギーが不足するとハンガーノックという状態になり、動けなくなってしまうため、それを防ぐためにも敢えて糖質を食べる必要があります。

私がこの日食べた糖質量は、自転車に乗る前の朝食で、コンビニおにぎり2つ(糖質85g)、昼食のラーメン屋でラーメン一杯(おそらく糖質70g?)、走行中のスポーツドリンク2本(糖質47g)で、この時点で200g以上の糖質を取っている事になります…

普段は1日の糖質量を100g以下に抑えているので、単純に考えても、デブの元の糖質を普段の倍以上食べていることになります。

そしてそして、恐ろしいのはここから。

チャリを走り終えて、家に帰ってからもお腹が空きます!

ものすごく空きます!

結果、夜ご飯もいつも以上に食べてしまい、そこでまさかの糖質100g…

1日合計、糖質300gオーバーです。

「普段の糖質摂取量が100gなので、普段の3倍も糖質(デブの元)を食べてるのかぁ…」

こうして見ると、1日で減った脂肪ってほんの僅かなものです。

やっぱりダイエットには食事改善!

もちろん、毎日この程度の運動が出来ればみるみる痩せていくとは思います。

ですが、現実的に考えて、毎日はおろか1週間に一度もできませんよね?

そして、所詮1日で減らした脂肪なんて、1週間もあれば元に戻ります。

仮に月一でロードバイクで100km走るとなっても、結局のところ食事改善をしないと、「次回走る際には、前回より太った状態でスタート!」なんてことになっています。

やはり、食事にしろ運動にしろ、ダイエットで大事なのは毎日の継続です。

毎日できる軽い運動も、もちろん無意味ではないけど、それなら食事改善の方が効果的。

元々運動習慣のない私だと、自由な時間を削ってまで、辛い運動をするのは苦痛に感じます。

一方、食事改善であればダイエットに要する時間は増えないうえ、糖質(米やパン、麺類)摂取量を控えて、その分たんぱく質(肉や魚)を増やすだけなので簡単だし辛くない。

運動は健康増進、体力向上には良いけれど、改めて、ダイエットには食事改善が1番だなぁと思ったサイクリングでした。

私が糖質制限ダイエットで26kg痩せられた理由・・・

食べ放題はダイエットの強い見方ですが、値段も決して安くはなく、頻繁に食べ放題に行くことは難しいでしょう。

糖質制限で一番大事なのは普段の食事であることが言うまでもありません。

その中で私が糖質制限ダイエットで痩せることができたのは、noshの糖質制限食の存在が大きかったと思います。

noshの特徴を挙げると、

50種類以上の豊富なメニュー数なので飽きが来ない(もちろん毎食自分で選べる)

多いものでも糖質20g台なので何を食べても糖質制限になっている

●管理栄養士考案の糖質制限メニューを、一流シェフが調理しており味も美味しい

●おかずが超糖質制限食なので、少々お米を食べても糖質制限ができている

レンジで温めるだけの簡単調理で自炊も不要

なので、「美味しく」「簡単に」糖質制限を無理なく続けられます!

・どうしても痩せないといけない!

・痩せて自分の人生を変えたい!

という方は、是非試してみてください。

[colored_bg color=”red” corner=”r”]↓↓ご注文・公式HPはこちらから↓↓[/colored_bg]

関連記事:糖質制限はnosh(ナッシュ)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする